ニキビ肌に優しいクレンジングとは?

ニキビを悪化させないためのクレンジング料選び

 ニキビができてしまったとき、知らず知らずのうちにニキビを悪化させる手入れ法をしているかも知れません。

 例えば、一日の終わりには肌の汚れを落とすためにクレンジングをしますね。  化粧を落とす前に眠ることは、いくら疲れていても駄目だということは良く知られていることですが、意外にも、拭き取りタイプのメイク落としを使っては駄目だということをご存知でしたか。

 拭き取りタイプのメイク落としは時間も手間もかかりません。仕事をしている女性にはとってはうれしい機能です。しかし、拭き取りタイプのメイク落としは、表面の汚れしか落とすことができません。毛穴に入り込んだ汚れは、むしろ毛穴に押し込めてしまう可能性もあります。

 またメイクを拭き取る際、肌に摩擦が生じるため肌を傷つけてしまう可能性もあります。なにより、手間をかけずに化粧を落とすために作られていますから、入っている薬剤は刺激の強いものです。防腐剤も多く含まれています。

 このような拭き取りタイプのメイク落としは、普段使いではなく旅行などで一時的に利用するぐらいにしましょう。 肌の汚れを落とすためには、やはり泡で丁寧に洗顔をすることです。

 他にもオイルタイプのクレンジング料を使っていませんか。  そもそもクレンジングオイルには、水と油を乳化させる成分である界面活性剤が多く含まれています。  これは必要な皮脂も落としてしまい、肌が乾燥してしまいます。

 肌の乾燥は、後々シミやしわの原因にもなりますのでなるべき使用を控えるようにしましょう。  このオイルタイプのクレンジングは、落ちにくい箇所に使用すると良いです。

 対して、水溶性のジェルタイプのクレンジング料は、低刺激ですがクレンジング効果が低く、毛穴の汚れを落としきれないという弱点があります。オイルタイプのクレンジングと併用すると効果的だと思います。

 さて、クリームや乳液タイプのクレンジングはどうでしょうか。  このタイプは、適切な油脂成分のため、肌にかかる負担は最小限に抑えられるでしょう。そしてしっかりとメイクや汚れを落とすことができます。

 ニキビを悪化させないためには肌に汚れをため込まないことが大事ですが、クレンジング料も肌に合わせて選ばなければなりません。もしニキビが悪化しているようでしたら、まずクレンジング料を見直してみてはいかがでしょうか。